MEDICAL GUIDE
診療のご案内

アンチエイジング

アンチエイジングの本来の意味は「理想的な健康状態を維持するための予防医療」の事を指しています。
女性それぞれのライフスタイルに合わせてご提案させていただきます。どうぞお気軽にご相談ください。

アンチエイジング

白玉点滴・
高濃度ビタミンC点滴・
にんにく注射・
プラセンタ注射
(自由診療)

白玉点滴

白玉点滴とは、美白効果・抗酸化力の高いグルタチオンを効率よく体内に取り込むことができる美容点滴の一種です。グルタチオンの強力な抗酸化力は、活性酸素や紫外線等の外的ストレスから身体を守り、シミのもととなるメラニンの生成を抑制する働きがあります。グルタチオンは20歳代をピークに量が徐々に減少してきます。
減少していくグルタチオンを補充し、お肌の美白やアンチエイジングに効果を発揮してくれるのが白玉点滴です。

アンチエイジングの効果は
シミの改善
白玉点滴がもつ最大のメリットはお肌の美白効果です。メラニンは増えると黒い組織となり、体のシミ・くすみの原因になります。
白玉点滴は、メラニンを増やさない体作りができるので、シミは薄くなり発生しにくくなります。

エイジングケア
人の細胞は紫外線・ストレスや加齢とともに酸化が進んでいます。
酸化した細胞は、お肌のシワ・シミ・たるみを起こす原因となります。
白玉点滴は、その酸化を食い止める作用を持っているため、身体の衰えを防いでくれます。

免疫力アップ
白玉点滴で細胞の酸化がにぶれば、肌へのダメージを減らせ、湿疹・肌荒れ・アレルギー症状などを改善して体調不良を防ぎます。

疲労・ストレスの回復
白玉点滴(グルタチオン)は、強い解毒作用があり有害物質を体外へ排泄してくれます。
肝臓や腎臓に有害物質の蓄積が抑えられる働きが強くなり、体内の毒素や老廃物の排出が更にスムーズになって、慢性的な疲労やストレスを軽減させます。また体にかかる余計な負担が減り、疲労の回復も早くなります。疲れが取れるとストレスも減り、不眠症状の改善に効果があります。
副作用は?
白玉点滴は、基本的に副作用がない治療です。
ただし、点滴や注射をすることによる一般的なリスクはありますので、念の為ご確認ください。

点滴の副作用
  • 腹部の不快感や吐き気
  • 血管痛
  • 薬剤によるアレルギー反応
点滴にかかる時間、点滴の頻度は?
高濃度のグルタチオンを30分から60分かけて点滴治療します。
1~2週間に1回の点滴がおすすめです。
白玉点滴治療の流れ

01. 白玉点滴は、完全予約制となります。事前に予約でお申し込みください。

02. 初回は医師の診察と点滴についての説明があります。同意書にサインしていただいた後、点滴治療が始まります。

※未成年の方は、同意書に保護者のサインが必要です。

白玉点滴の料金(グルタチオン点滴)
  • 600mg 6,000円(22,000円/4回セット)
  • 800mg 7,000円(25,000円/4回セット)
  • 1000mg 8,000円(28,000円/4回セット)
高濃度ビタミンC点滴
(防腐剤無添加)

強い抗酸化作用があるビタミンCを高濃度で点滴することで全身の細胞を活性化させます。体の中から若く、美しくなることへつながる手軽なアンチエイジング療法です。また風邪の予防や、疲労回復にも有効的です。
当院では、防腐剤が一切使用されてない無添加のビタミンC製剤を使用しております。ご安心ください。

こんな症状でお悩みの方におすすめします
  • ニキビ、吹き出物
  • シミの予防、改善
  • 美肌、アンチエイジング効果
  • 抗ガン作用
  • 動脈硬化の予防
  • 風邪の症状の緩和
高濃度ビタミンC点滴療法ってどんなもの?
ドリンクやサプリメントではとても摂取することができない大量のビタミンCを点滴で短時間に体に取り込むことで得られる様々な効果を利用する治療法です。
血中にビタミンCを大量に投与し、血中ビタミンC濃度を急激に上昇させることで、感染症に対する免疫力を高め、美白・美肌・アンチエイジング等の美容的効果・疲労回復・身体機能の改善等、幅広い効果を得ることが可能です。
アンチエイジングの効果は?
抗酸化作用

強い抗酸化作用で、細胞の老化を促進・ダメージを与える活性酸素から細胞を守り、体の酸化を防ぎます。ニキビやシワ、シミなど老化から肌を守り、また全身の倦怠感や疲労の回復を早めます。


美肌効果

《お肌の美白》

ビタミンCはシミの大敵であるメラニン色素を抑制します。

《しっとり肌》

ビタミンCは水分を強力に挟みこむセラミドの生成を促します。保湿が高まりだし、みずみずしいお肌にします。

《お肌のハリ》

ビタミンCは繊維芽細胞の働きを高め肌の弾力のもととなるコラーゲンの生成を促進させハリのある肌をつくります。

《ニキビ等の改善》

ニキビや皮脂の成分を抑え、きれいな毛穴を保つことでニキビを予防、抗炎症作用でお肌のトラブルを改善します。


免疫力の向上

ビタミンCは体内のウイルスや病原菌を排除する白血球の働きを補助、強化して免疫力をアップします。


抗アレルギー作用

ビタミンCの抗ヒスタミン作用によりアレルギー疾患のかゆみを緩和します。

副作用は?
点滴穿刺部位の痛み、嘔気(吐き気)が出ることがありますが、点滴速度を調整することで症状を改善します。ビタミンCは過剰摂取しても必要ない分は尿と一緒に排泄されるため、基本的には重篤な副作用はありません。
ただし、透析中の腎不全の方・糖尿病・甲状腺の病気・特定の疾患がある方は受けることが出来ません。またG6PD欠損症という赤血球膜の遺伝性酵素異常がある方はこの治療を受けることができません。

G6PD欠損症(グルコース-6-リン酸脱水酵素欠損症)
遺伝性の病気で、日本人の頻度は0.1%程度と言われています。
主に男性に遺伝し発症します。この疾患を保有している方にある一定量以上のビタミンC点滴を行うと溶血(赤血球膜が破れてしまう)する危険があります。
G6PD検査
米国では25gを越えるビタミンC点滴療法を行う場合には必ずこの検査を行っています。しかしながら、15.0gの点滴により溶血性発作が生じたとの報告が米国でありました。
当院では、15.0g以上の高濃度ビタミンC点滴療法を受ける場合には、G6PD欠損症の血液検査を必ず受けて頂いております。
点滴にかかる時間、投与量、点滴の頻度は?
点滴時間は30分から60分です。 ビタミンCの投与量:12.5 g・25.0gの2つを用意しています。 1~2週間に1回の点滴がおすすめです。
高濃度ビタミンC点滴療法の治療の流れ

01. 高濃度ビタミンC点滴療法は、完全予約制となります。事前に予約でお申し込みください。

02. 初回は医師の診察と点滴についての説明があります。同意書にサインしていただいた後、点滴治療が始まります。

※未成年の方は、同意書に保護者のサインが必要です。

高濃度ビタミンC点滴の料金

それぞれの料金は以下になります。

  • 12.5g 9,000円(28,000円/4回セット)
  • 25.0g 17,000円(60,000円/4回セット)

25.0gでは、G6PD検査が必要です。 8,000円(初回のみの検査)

※内面からのアンチエイジングが目的なら12.5gで十分です。
12.5gの点滴なら、高濃度ビタミンC点滴の料金だけで受けられます。

にんにく注射

疲労回復、疲労予防に「アリナミン」を飲んでいる人も多いのではないでしょうか。 そのアリナミンの成分を注射にしたのが、にんにく注射です。 血管内に大量のビタミンB1が注入されるため、アリナミンの内服とは違って、大量のビタミンB1が細胞内に取り込まれることになります。細胞内に取り込まれたビタミンB1はエネルギー産生に働き、疲労回復、疲労予防に作用します。

にんにく注射ってどんなもの?
「疲れが取れない」「なんとなくだるい」忙しい現代、こんな悩みを抱えていませんか?
疲れの原因は、乳酸にあります。乳酸はエネルギーを消費したときに発生し、疲労感を招くものです。
にんにく注射の代表的な成分、アリナミン(ビタミンB1)は疲労の原因である血液中の「乳酸」を分解してエネルギーに変える働きがあります。また、糖質を分解し身体や脳が活動するときに必要な燃焼エネルギーを作り出す働きももっています。
体内にビタミンB1が不足すると、エネルギーを作り出せなくなり、さらに疲労物質が溜まり、だるさや疲れが蓄積されていってしまうのです。
また、分解されなかった糖質は脂肪へと変わって、肥満につながることもあります。
にんにく注射は短時間で効果的にビタミンB1を体内に補給することができます。
疲れやだるさ、肩こり、冷え性などでお悩みの方は、ぜひにんにく注射を試してみてください。
にんにく注射って臭いがするの?
にんにく注射と呼ばれる理由は、注射中の臭いにあるともいわれています。
静脈注射でアリナミンを接種する際に、強いにんにくのような臭いを感じます。
しかし実際は身体から臭いが出ているということはなく、注射を終えた後は身体から臭いがするということはありません。
注射の頻度は?
通常1週間~2週間に1回くらいが平均的です(個人差があります)
運動をしている方や仕事がハードな方、ストレスの多い方は1週間に2~3回の接種をお勧めしています。
また、慢性的に疲れている方は毎日打つことをお勧めします。
副作用は?
にんにく注射の成分はビタミン群なので、重篤な副作用はなく、過剰投与されたとしても尿から排出できます。
また、注射時のニンニクのような臭いは本人しか感じられず、それも数分で解消されます。
にんにく注射の流れ

01. ご予約いただき、医師の診察を受けていただきます。

02. 初回は医師の診察と注射についての説明があります。同意書にサインしていただいた後、注射療法が始まります。

※未成年の方は、同意書に保護者のサインが必要です。

にんにく注射の料金
  • 注射1回 1,600円(5,200円/4回セット)

※検査を行った場合、別途料金がかかります。

プラセンタ注射

プラセンタは、胎盤から抽出した有効成分です。
新陳代謝を促進し、ホルモンバランスを整えたり、自律神経を正常に戻したりする効果があります。
当院では、国内の安全なヒト胎盤を原料とした「特定生物由来製品」である『メルスモン』を使用いたします。

こんな症状でお悩みの方におすすめします
  • 疲れやすい・息切れする
  • 表情があまり変わらない
  • ぼんやりすることが多い
  • 食欲がない
  • 少量のアルコールで二日酔いになる
  • ついイライラして怒る
  • 季節の変わり目に必ず風邪を引く
  • 肌荒れ、しみ、そばかすが気になる
  • 寝つきが悪い、熟睡できない
プラセンタ注射ってどんなもの?
プラセンタには三大栄養素であるたんぱく質・脂質・糖質に加え、酵素やビタミン、ミネラル、アミノ酸が結合した活性ペプチドが含まれています。
プラセンタは赤ちゃんとお母さんをつなぐ胎盤から抽出された成分で、生命を誕生させるために必要な栄養素が豊富に含まれています。体内に直接取り入れることにより、全身の細胞が活性化され、若返りの効果が期待できます。

もともとは子宮内膜症や肝炎の治療に使われていたものを、プラセンタ注射を受けた方から「シミが薄くなった」「肌の状態が良くなった」「疲れにくくなった」という声が多く寄せられ、美容の目的としても使われるようになりました。
プラセンタ注射は、肌状態の改善(シミ、シワ、ニキビなど)をはじめ、アトピー性皮膚炎やアレルギー体質の改善、肝炎の改善や肝機能強化、疲労回復、睡眠の改善、うつ病に効果があります。その他、肩関節、膝関節の機能改善や脊椎管狭窄症への効果も報告されています。
プラセンタ療法とは?
プラセンタとは人の胎盤のことです。胎盤(プラセンタ)から抽出されたエキスの有効成分を注射、内服などにより治療に用いることをプラセンタ療法と言います。
プラセンタは肝硬変の薬として1959年に厚生省の許可を受け、以後肝機能障害の患者さんを中心に使用されてきた注射薬です。その成分は必須アミノ酸、ビタミン、ミネラルのほかに、さまざまな成長因子が存在します。
豊富な栄養成分と薬理作用により細胞の活性化や免疫力の強化、炎症を抑える、血行を良くすることなどが確認されています。
注射の頻度は?副作用は?
アンプルを週に2~3回の間隔で、皮下に注射します。メルスモンの主な副作用は、以下の通りです。

【過敏症】 悪心・悪寒・発熱・発疹・皮膚の赤み
【注射部位】 痛み・皮膚の赤み

メルスモンの投与によって副作用が発生する確率は7%です。その中で最も多い注射部位の赤みや痛みは副作用発生例全体の約37%を占めています。そのほかの症状の発生率はいずれも5%未満と低いですが、これらの症状が出た場合には投与を中止し医師に相談しましょう。またメルスモンはプラセンタを主原料とするアミノ製剤であるため、稀に免疫が過剰に反応することによるアレルギー性のショック症状(アナフィラキシーショック)を起こすことがあります。アレルギー体質の方がメルスモンの投与を行う場合は事前に医師に投与の是非を確認することが大切です。

※プラセンタ注射は人気の高いメニューですが、注入後は感染リスクを考慮し献血ができなくなります。デメリットも含めてご検討ください。

プラセンタ療法の流れ

01. ご予約いただき、医師の診察を受けていただきます。

02. 初回は医師の診察と注射についての説明があります。同意書にサインしていただいた後、注射療法が始まります。

※未成年の方は、同意書に保護者のサインが必要です。

プラセンタ注射の料金
  • 注射1回 1,100円(9,000円/10回セット)

※検査を行った場合、別途料金がかかります。